年齢肌との最終決戦!

ホーム > アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが見

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが見

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。



何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。

太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。
出産後、歩けるようになったおこちゃまと、雨降りの日以外は毎日仲良く近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。お出かけの準備は戦争です。おこちゃまのもち物を揃えるだけで一仕事、よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。スキンケアには保湿を行うことが一番肝心です。
入浴(最近では、全身ではなく、下半身だけ浸かる半身浴(気温が低い時期には、肩を冷やさないようにタオルなどで保温するのがいいでしょう)も流行していますね)中は水分がお肌からどんどん流れ落ちていきます。そんな肌を乾燥から守っていくために、化粧水や乳液をつけた後に保湿クリームの使用を推奨いたします。保湿クリームを夜に使用すると翌朝まで肌の潤いが続き、お化粧のノリも格段に良くなります。
頬の毛穴の開き具合が年齢とともに悪化してきたように思います。
正面から顔を見てみると、毛穴がぽつぽつと目立ってしまうようになってしまってました。



イチゴ毛穴を埋めたい、小さくなってくれたらと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っています。肌をひきしめる効果をもつ収斂化粧水で、パッティングをしていますが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。
肌荒れ時に化粧するのは、悩みますよね。



メイク用品の注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)書きにも肌に異常があるときは使わないでちょーだいと書いてあることが多いです。とはいいながらも、紫外線対策だけはしておくことが重要です。



下地や粉お知ろいのようなものを軽く付けておいた方が良いです。
なるべく紫外線をうけない生活を送りたいものです。


健やかな肌は睡眠と栄養によって創られています。
コンディションが良くない日が続いたときには、食生活を工夫してみることも大切です。
ちょっとでも体に良いものを選ぶといいと思います。食べる内容が変わると素肌にちがいが出てきます。
肌のターンオーバー(生化学者のルドルフ・シェーンハイマーが発見したといわれています)が正常になる事でアンチエイジング効果も得られるでしょう。難しく思う必要はありません。毎日の食事にはアンチエイジングの基礎としての面があると捉えると、積極的におこなえるのではないでしょうか。


生活に必須の食事でケアできるのですから、慣れれば大きな利益が得られると思います。お顔のシミが気になりはじめたら、最初に、毎日のお肌のお手入れで気になるシミを目たたなくしたいと思いますよね。


しかし、それでは解決しない時は美容外科に行き、レーザーなどの手段を用いてシミを消すこともできるのです。


それに、エステサロンの中には特殊な光線を用い、シミのケアをしているおみせも少なくありませんが、病院の皮膚科(肌の悩みはエステよりも皮膚科に行くべきでしょう)などでは、レーザー治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)という形によってシミをきれいに消すことができるのです。
肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。なめらかな肌やハリのある肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、表皮が荒れて薄くなってくると、この模様が大聴くクッキリしています。



皮膚の防御役である表皮の機能が損なわれているので、真皮を含む肌全体へのダメージは深刻なものになるでしょう。
弱った土台では今までと同じように肌を支えることができず、フェイスラインがくずれ、しわになるのです。



そうなる前のケアが大切でしょう。

昔にくらべ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、がっかりするものです。
若者のピカピカの肌を見ると、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、妬みたくなってしまうのです。


「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、紫外線を防ぎ、アンチエイジングをするなどをしていこうと思います。
敏感肌でありますので、ファンデーションのチョイスには気を使います。
刺激が激しいものだと細かい発疹が出来てしまい、程なく痒くなるのです。
ですので、是非カウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。最近買い物したクリームファンデーションは皮膚に合っているようですが、これからもしっかりとチェックして買い入れたいと思います。私は花粉症で毎年辛い思いをしているのですが、スギ花粉が多い時節になると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。


なので、この時節にメイクをするとより悪化するので、ナチュラルメイクを行っています。



せめてアイメイクだけでも行いたいと思うのですが、敏感肌になっているため、目の周りがさらに痒くなり、とてもじゃないけど出来ないのです。


↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 年齢肌との最終決戦! All rights reserved.